料理の時間を短縮するには、小さな事からコツコツと。

yasai

 

お料理を作るのが遅かったのですが、たまたま見ていたTV番組の一言で、それはとても良い方法だなと思いました。

メインとなるお料理の時間が、格段に短縮出来るものではありませんが、確かに便利です。

それは、食材を切る時に、其のお料理の分量だけ切るのではなく、その食材を全て切っておく事です。

最初の頃は、律義に分量分だけ切り、残りはラップして保存しておりました。

けれど、ついでに切って冷凍しておくと、お味噌汁等は、まな板を出さなくても出来てしまう事が多いです。

 

例えば油揚げ、5枚で一袋で売っているものなど、一度に、油抜きして、お味噌汁用に全て短冊に切ってしまいます。

使わない分は密閉袋に入れ、冷凍します。

次に使う時には、もう油抜きもしてありますし、凍ったまま、お味噌汁に入れられます。

玉葱も普通に切ったものや、みじん切りにしたものなど、その時に全て使わなくとも、1個まるごと切ってしまいます。

 

使わない分は、同じく冷凍します。

油揚げと玉葱のお味噌汁などは、冷凍したものを使うだけで、すぐに出来ます。

 

又、ハンバーグを作る時など、みじん切りした冷凍の玉葱があると、かなり楽に感じますよ。

 

そして小松菜は、茹でずに切って、そのまま冷凍して下さい。

 

解凍して水けを絞るだけで、小松菜のお浸しの出来上がりです。