形態安定加工のシャツの洗い方、干し方、選び方

cutter-shirt

 

形態安定加工がされているシャツなどでも、場合によってはシワができてしまい、アイロンがけが必要かなと思われるときがあります。

そんなシワができにくくする洗濯方法と干し方があります。

 

洗濯機を利用する場合、他の洗濯物と一緒に洗うとからみ合ってしまい、シワになりやすい状態になります。

 

そこでシワがついてしまうとアイロンがけをしなければなりません。

ですので他の洗濯物と一緒に洗濯しないか、シャツのみを「洗濯ネット」などに入れて隔離してから洗濯機にかけましょう。

 

そして脱水は極力かけず水がしたたる状態の「濡れ干しをしましょう。

 

水分を多く含んでいると、その水分の重みでシャツが引っ張られ、シワを延ばしてくれるしくみなのです。

 

長く着用していれば、形態安定の機能も弱まります。

しかし使用している素材によっては、シワになりにくい物もあります。

 

シャツ自体の素材にポリエステルの割合が多く含まれていればシワになりにくいので、

 

シャツの購入時に素材をチェックしておく事も大切です。